「アメあと」最高!!

レコ大でのw-inds.慶太の歌唱、かんっぺきだった!
日本のTV局・芸能界・勢力図のしがらみ、自分達の置かれている不遇な立場は重々承知してるだろうけど、
慶太自身は余裕すら感じたし、本当に歌う事が大好きで、どんな場であっても与えられた場所に最善を尽くそうとする態度に心から敬服した。
喉の調子は最高だし、きっとメンバー間やスタッフ間との関係・結束も固く、このままどんどん上を目指していこうという決意のようなものも感じられて。

デビュー以来見て来て、もうヲタ的な視線には戻れないけど、今現在のw-inds.そして慶太が一番好きかもしれない。
心の底から応援したいと思った。
だからこそ、TV局側の作為とも疑われるw-inds.に対する冷遇にはあきれ返った。

もっともっと「場」を与えて欲しい。
ただ純粋にそれだけを願うのみ。

衣装がどうとか髪型がどうとかは全然気にならない。
ただあの素晴らしい逸材をみすみすと排除する日本の業界はひたすらくだらないなと。情けないなと。

慶太はただ自分を信じていいよ。
そんなに世の中は捨てたもんじゃないから。きっとね。

慶太のいないw-inds.はきっと好きにならなかったと思うけど、
慶太ソロにも全く興味がない。
慶太がいるw-inds.が好き。
彼は数十年に一度の奇跡の人。
[PR]

by ika-omochi | 2008-12-31 12:25